トップに戻る

ちりめん工房・多加楽:ちりめん京都ファン〈コラム〉

五つの節句のお話し

四季を持つ目本の暮らしの中で、折り目折り目を祝う行事として伝わるものに節句があ ります。一月一目(元旦)、三月三日(上巳)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)、九月九日(重 陽)、いずれも奇数の重なる縁起の良い日取りは五節句と呼ぱれて、各地に風習や祭りが残 っています。ちりめんという和の素材でもの作りをするにあたり、日本がもっとも日本ら しくあるこの節目は見逃せません。また先人の知恵や思いを振り返りながら今の時代に受 け継ぐことも心潤う仕事です。ここでは主に宮中行事に由来する京都の節句のお話とこれ をテーマに手がけた作品作りに触れてみたいと思います。

西端和美

一月一日(元旦または人日じんじつ

鏡もち

いわれを紐解くまでもなく新年最初の日が日本人にとって殊の他めでたいというのは今の ところ共通の概念であるようです。真っ更は白や無垢に通じ、信仰や神と近づく祈りの日 とも呼べるものではないでしょうか。ちりめん細工のテーマにはその年の干支を取り上げ ることも致しますが、鏡餅なども真っ白い生地の新しさと綿入りのふっくりした触感が何 とも落ち着けるアイテムです。特に左右対称は吉相ですので、きちんと鎮座する安定感を 大切にしたい作品です。

三月三日(上巳じょうし

春のおとずれと共にめぐり来るひな祭りは女児の誕生や成長を祝う節句ですが、愛らしい 雛飾りやミニチュアの調度品への思いは女性にとっていつまでも色あせない心の奥の引き 出しのようなものですね。起源は宮中行事の曲水の宴で、雛祭りという言わば民間の行事 が定着したのは江戸時代のことですが、緋毛氈の前で幼な子がしとやかに集う景色には日 常を離れた雅びがあります。京都の有職人形はあまりに有名ですが、お気に入りの小裂地 を大切に取り置いて飾り物へとリフォームするのもよき時代の女心。ちりめん細工が婦女 子の嗜みたしなみとして発展した経緯も頷けます。

五月五日(端午たんご

古くは日本書紀にも行事の一端が紹介される節句ですが、現在のように兜飾りを設えて男 児の健康を祈念する日となったのは鎌倉以降の武勇を重んじる風潮が大きくなった時代の ことでしょう。童謡にも出てくる鯉のぽりは五月の空と薫風を満喫できる好季節の象徴で もあり、元気の源のようなたくましい男の子の成長は次の世代の担い手を得た喜びそのも のなのです。布地を使った立体の作品は比較的難易度が高いのですが、やはり可愛くも凛々 しく仕上げたいテーマです。

七月七日(七夕しちせき

熨斗飾り

七月七日の夕方に牽牛星と織姫星が会うという古代の中国の説話に由来する節句は、もっ とも起源時に近いイメージのまま現代に伝わる祭りです。日本独自の文化と呼ぶよりも大 陸的でアジア共通の美意識に通じているように思えてなりません。星をまつる行事に技芸 の上達や芸能・音楽の才を天に祈る風習が加わったのはいかにも真摯で慎ましやかです。 昭和の時代に短冊を下げた笹を近くの川に流した記憶が少しずつ遠のくのは寂しい気が致 しますが、手仕事を続けられる幸せや健康に感謝できる日としたいものです。

九月九日(重陽ちょうよう

古布遊びの小間物

菊の花によって邪気をはらう節句の風景は残念ながら今日的ではなくなりましたが、元は 季節の花の香に酔い秋の風情に身を置いた宮中の雅やかな絵巻を連想するに十分なイベン トであったようです。現在では秋はお月見のイメージが大きいですが、月うさぎの伝説が あまりに優しく暮らしに重なるキャラクターの登場となれば、近年に入れ替わってしまっ たのも仕方のないことと言えましょう。秋に限らず兎の意匠はとても人気の高いものです。 シンプルなフォルムほど作り手の感性がその表情に活きるのも愉快です。